TOP

訴訟の流れ

法律に関するトラブルを解決する手段として訴訟があります。

例えばお金に関するトラブル。
借り入れしたいと思い安易に借り入れしたが、
無理な返済計画を立ててしまったため、滞納してしまいカード会社に訴訟されるなど。

借り入れしたいなら返済計画をしっかりたて、
訴訟されないようにキチンと返していくことを心がけましょう。

この訴訟に関して少しお話したいと思います。

もちろん事案によっては訴訟の進行について異なる場合がありますが、
一般的な訴訟の流れは以下のとおりです。

民事事件に関する訴訟の場合、
まず訴状を裁判所に提起することから始まります。
訴状が提起されれば事件番号がつけられ、実際の手続きが始まります。

多くの場合は提訴から1カ月ほどで最初の期日を迎えます。
被告は答弁書を提出しておけば、この際所の期日を欠席しても支障はありません。

第1回目の期日以降は、およそ1カ月に1度のペースで審理が行われます。
原告、被告共に期日に合わせて自らの主張を記した準備書面を提出し、
あわせて証拠となる書面も提出します。

弁護士に依頼している場合は、
裁判には弁護士が出廷してくれますので、
本人は尋問を求められていない限りは裁判に出席する必要はありません。

裁判が進行し、双方の主張や証拠書面などが
ひととおり揃って争点がはっきりすれば、
当事者や証人を招いての尋問が開かれます。

通常は1日か2日間で集中的におこなわれます。
尋問が終結し、その結果を踏まえた最終書面が提出されれば弁論終結です。
おおよそ1カ月から3カ月後に判決期日が指定され、
その期日になると判決が言い渡されます。

なお訴訟の過程において、
裁判所が和解案を提示することも民事訴訟ではよくあります。

裁判所