TOP

訴訟とは?

訴訟とは、裁判を通して利害の衝突を法律的に解決するため、
当事者を呼んで審判することです。

訴訟では個人間の争いだけでなく、国家同士の紛争も扱っています。
訴訟には強制力があります。

例えばお金を貸した相手がわざと返済しない場合、
裁判所が支払うように判決を出せば、
相手は絶対に返さなければなりません。

個人間でのお金のやり取りは当事者だけでは
なかなか上手く調整することができませんが、
訴訟を提起することでお金を回収することができます。

しかし公正な裁判を行うためには、
訴えられた人も反論する機会を与えなければなりません。

互いの主張を述べるには時間がかかり、
1年以上何回も出廷して資料を準備したり、
弁護士や司法書士に依頼したりとお金も必要です。

少額を返してもらうために、
たくさんの時間と費用をかけることはデメリットでもあり、
訴訟が全て良い結果を生むわけではありません。

もし自分が訴訟を提起されて被告人になったら、
すぐに弁護士や司法書士に相談します。
裁判に欠席すると反論の意思がないと判断され、
相手の主張ばかりが優遇されるためです。

裁判までの準備を法律に詳しくない人がすると裁判に間に合わないため、
面倒な手続きは資格を持った人に任せます。



更新情報

2015.12.15
訴訟の流れ
2015.12.15
訴訟にかかる費用
2015.12.15
訴訟と起訴の違い
2015.12.15
訴訟にのしかかる大きな負担

おすすめサイト

2015.12.15
準備中